学生生活

災害による休講

交通途絶、気象警報発令の場合は下記のとおりとします。学内掲示板等への掲示や、必要に応じて校内放送なども行いますが、各自で情報を収集し、対応するように留意してください。

本部「休講について」も参照のこと。

1.交通途絶の場合の休講

交通途絶の場合の休講(定期試験を含む)については、次のとおりとします。

  1. 基準時間 
    • ア 交通途絶が、午前7時現在継続している場合、午前休講 
    • イ 交通途絶が、午前11時現在継続している場合、午後休講 
  2. 休講に係る交通途絶の要件 (神戸商科キャンパス)
    神戸市営地下鉄が不通の場合又は大阪-姫路間で次のいずれかに該当する場合
    • (a) JR線、阪急電鉄及び阪神電鉄が共に不通の場合
    • (b) JR線、山陽電鉄が共に不通の場合 
    • (c) JR線、神戸高速鉄道が共に不通の場合

※学外実習の場合は、教員の指示に従うこと。

2.気象警報発令の場合の休講(定期試験を含む。)

※平成25年8月30日から「特別警報」制度が運用されたことから、平成25年10月1日より取扱いを変更しました。詳細はコチラ(本部)

※平成22年5月27日から気象警報・注意報の発令が市町村単位に変更されたことから、下記03.の休講に係る警報発令対象地域を「神戸市」に変更しました。

気象警報発令の場合の休講については、次のとおりとします。

  1. 種類
    神戸地方気象台が発令する気象警報とし、以下の7種類を対象とします。
    <対象とする気象警報>
    • 【警報】「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」
    • 【特別警報】「大雨特別警報」「暴風特別警報」「暴風雪特別警報」「大雪特別警報」
    • ※これまでと同じく、「大雨警報」は対象としませんので、注意してください。
  2. 基準時間 
    • ア 上記警報が、午前7時現在発令中の場合、午前休講
    • イ 上記警報が、午前11時現在発令中の場合、午後休講
  3. 休講に係る警報発令対象地域 (神戸商科キャンパス)
    • 神戸市
         ※学外実習の場合は、教員の指示に従うこと。

(遠隔授業の休講についての注意事項)
遠隔授業は、複数のキャンパスにおいて同時に実施するため、受信教室と発信教室のいずれかにおいて、気象警報等により遠隔授業が実施できない場合は、発信教室と受信教室ともに授業を休講とします。

学生生活

© Copyright, School of Business Administration, University of Hyogo. All rights reserved.