学部紹介

学部長挨拶

兵庫県立大学経営学部は、国際都市神戸で88年の歴史と伝統を誇る旧神戸商科大学のリベラルな学風と教育理念を継承しつつ、三つのタイプの人材の育成を行っています。第1は、グローバルに活躍できるビジネス・パーソンです。グローバル化の進展により発展著しいアジアを中心とする、海外で存分に活躍できる人材です。第2は、地域経済や地域社会に貢献できる地域イノベーターです。日本の各地域は高齢化に加えて、地域産業の衰退をはじめとして、その地域独特の課題を抱えています。各地域に密着した課題を発見し、解決して、その地域のコアとなれる人材の育成を目指しています。第3は、企業・組織の中でキラリと光る専門性やスキルを備えたプロフェショナルです。一人一人がその専門性を生かして、キャリアを歩むことができる人材育成を目指しています。

以上の目的を果たすために、経営学部では「組織経営学科」と「事業創造学科」という二つの学科を設け、前者には「グローバル・マネジメントコース」と「会計と情報コース」を、後者には「事業創造コース」と「事業支援コース」を配して、グローバルに活躍できるような高い語学力、高度情報社会で活躍できるようなICT能力、そして経営、経済、会計、法律と言った専門領域はもちろんのこと、望ましい社会人に求められる幅広い教養、これらを身につけてもらうことを目指しています。入学者は、将来どのような仕事をしたいかというキャリアデザインに適したコースを、上記四つの中から選択することができるようになっています。

さらに、優秀な成績を修めた学生に対しては、3年間で学部を卒業し、公認会計士などを育成するための会計専門職大学院、あるいは中小企業診断士などの経営プロフェッショナルの育成を目指す経営専門職大学院に入学することができるようになっています。これらの大学院を修了することで、最短5カ年で修士(専門職)の学位を取得することができることになります。

経営学部に進学する皆さんは、神戸学園都市にある神戸商科キャンパスで、選ばれた同級生や先輩とともに勉学や課外活動に励み、互いに切磋琢磨して充実した学生生活を過ごされることと思います。そのために、われわれ経営学部スタッフ一同は、最大限の協力をしたいと考えていると同時に、学習意欲溢れる皆さんと共創しながら、知の創造の場を展開したいと願っています。そして、神戸商科キャンパスの経営学部が世界に誇れる学びの場となることを願ってやみません。

2017年4月1日
経営学部長 岡本久之

学部紹介

© Copyright, School of Business Administration, University of Hyogo. All rights reserved.